VOICE

どうしてもやりたかった餅まき

ちょっと話が逸れるのですが、

私たちがどうしてもやりたかった、そしてやってよかった餅まきについて書きます。

上棟式の際に行う餅まき。

昔はあちこちでよくやっていたそうですが、最近はあまりみかけません。

私たちも「せっかくだからやってみたい」とは思いつつ、

ネットで「今時やらない」「ご近所になんて思われるか」なんて意見を見るたび、心折れかけることもありました。

しかもあまり体験談も載っておらず、何をどれだけ準備すれば良いのか頭を悩ませる日々。

でも結果として・・・、やってよかった!

告知は建築現場に立てた看板のみ。

果たして何人来てくれるのか?誰も来てくれなかったらどうしよう?と心配もしましたが、大勢の方が来て下さいました。

2歳の息子も上からお菓子を撒いて、覚えてないかもしれないけどよい記念になりました。

ご近所にもご挨拶できたし、ご参加頂けた方には「30年ぶりで楽しかった〜」「昔の記憶がよみがえった」「よくやってくれた」など好評の声を頂きました。

もし気になる方がいたら、ぜひやることをおすすめします。

***************************************

ご参考までに・・・用意したものはこちら。

①餅(親餅、四方餅、まき餅を全部で2升分、和菓子屋さんにお願いしました)

②お菓子(うまい棒500本、小分け袋に入った煎餅とかチョコとかおやついっぱい、サプライズ用に大きめのお菓子、駄菓子詰め合わせ袋など、全部で段ボール4箱くらい)

③5円玉365枚(拾いやすいよう、穴に紅白の紐を通して)

誰も来てくれなかったらどうしよう?と思いつつ、お菓子やお餅が足りなくなるのも嫌だったので、ネットの体験談などを参考に用意したところ・・・、なんと多すぎて途中中だるみ!ま、まあ、足りないよりは良かったかな?と思っています。

餅を1つずつ袋に入れて結んだり、お金にヒモを通したり、お菓子のお徳用パックを探し求めて歩いたりと準備はなかなか大変でしたが、良い思い出になりました。