住楽工房はみなさまの意見などを参考にこれからも良い家づくりに心を込めて精進していきます

  • スッキリ広く感じる玄関

    2019/08/18

    ベビーカーが置けたり、靴やコートを置けたりする広ーい玄関収納は憧れでした。

    拝見したお宅では、庭作業の道具とかお子さんの自転車とか、買い置きのトイレットペーパーとかも置いたりできてとても便利そうでした。

    我が家は玄関脇に書斎を作ってしまったため、そこまでのスペースを取ることができませんでしたが、

    天井まであるシューズボックスを付けて頂いたので収納力は十分。

    しかも、普段履く靴はわざわざシューズボックスに片付けなくても上がり框(かまち)の下にしまっておけるので、余計なものが見えずすっきり感じる造りです。

    作っている途中に見たときは狭そうだなあと感じたのですが、出来上がってみると全然印象が違いました。

  • お金かかってそうな格子天井

    2019/08/10

    建築途中で見せてもらった際に、一番驚いたのが天井でした。

    すんごい格子です。

    リビングもキッチンも和室も寝室もみーんな格子天井。

    普通に木の天井を想像していたので、「やってみました」と軽く言ってくださったこの天井を見て心底びっくり。

    かなり手間がかかっているのでは・・・?

    しかも格子を貼り付けてある天井板が、色んな木片が圧縮された合板なので、全体的に表情がある天井になりました。

    ふと見上げたときのオシャレさがたまりません。

    「お金かけたね〜」とか「こだわったね〜」とか来客には言われますが、お金全くかかってないし、なんならこだわって下さったのは住楽工房さんです・・・

    我々がさっぱり具体的な要望を言わなかったせいかもしれませんが、

    住楽工房さんはこんな風に、建築途中でも「より良くしよう」という方向転換をさまざま提案して下さいました。

    それが実際、住んだ後に実感する「良い!」につながっていると思います。

     

     

  • ビルトインガレージ

    2019/08/06

    駐車場は、計3台分停められるスペースをお願いしました。

    普通に、家の前とか横にスペースをつくってコンクリートを貼る、くらいにしか考えてなかったので、ビルトインガレージの設計図を見たときは驚きました。そうか、こういうのもアリなのかと。

    住楽工房さんの事務所が同じような駐車場になっていましたので、すぐにイメージはつきました。

    実際、玄関を出るとすぐ駐車場っていうのは便利です。

    雨風が当たらないし、子どもや重い荷物もひょいっと下ろせます。

    留守時に生協さんが来ても、盗難の心配とかしなくていいですね。

    また、和室の目の前に駐車場ということで日当たりが心配でしたが、和室自体、天井と反対側に窓を付けて頂いたので、日当たりは十分です。

    ビルトインだと排気ガスや騒音が気になるというデメリットや、耐震性で不安な点もあるようですが、我が家は車いじりはしないし、車の出し入れを頻繁にするわけでもないので、その辺は全く気になりません。

    もちろん、耐震性も考慮してつくって頂きました。

     

  • 無垢材の床の失敗

    2019/07/30

    床は全面無垢材です。

    当たり前ですが、すぐにベタつくアパートのフローリングとは全く違って、

    本物の木の質感を感じることができるし、梅雨時期でもスベスベとした肌触りが気持ち良いです。

    フローリングより柔らかいので、子供がミニカー落としたくらいですぐに傷がつくのは難点ですが、それも味だと思うことにしています。

    無垢材のデメリットとしては、よく「木の伸縮がある」とか「隙間にゴミが溜まる」とか

    「手入れが大変」なんて声を聞きますが、今のところそれらを実感したことはありません。

    ホコリやゴミが溜まるほど隙間は空いてないし、掃除は普通にルンバと水拭きです。

    ただ、入居したばかりのころ、床の汚れに重曹スプレーを吹きかけたことがあり、

    これが大失敗でした。

    時間が経つごとにカビみたいな黒ずみが浮いてきて、泣きそうになりました…。

    色々調べて、お酢を薄めた水で拭いたらキレイになったのでホッとしましたが、

    無垢材に重曹スプレーはダメ絶対!

    拭くなら中性洗剤が正解なのですね。知識がないって恐ろしい…。

    とまあ。こんな風に無垢材ならではの注意点もありますが、基本的には普通の床掃除で十分に快適な生活ができています。

     

     

     

     

     

     

  • 木目の軒天

    2019/07/26

    ウッドデッキでは、軒天も木目にしていただきました。

    軒天とは、屋根の真下にある壁のことです。

    これこそ、我々には全く考えもしなかった部分ですが、ご提案いただきお願いしました。

    言われてみれば、屋根って上の素材より下の素材の方が目につきますもんね。

    木をふんだんに使った室内からのウッドデッキと木目の軒天。

    一体感もあり、とってもおしゃれで素敵な眺めになりました。

     

     

< 1 ... 36 3738 ... 41 >